ヨガインストラクターへの架け橋

ヨガのインストラクターを目指す方への情報サイトです。

ヨガは痛い?

ヨガは痛い? ヨガが痛いというのは、まだ体の柔軟性が高まっていないことの現れであるので、あまり無理をせずにできることから初めて見ることが大切です。
ヨガの概要は、呼吸法とポージングに基づいています。
本場のインドでは呼吸法を重視していますが、日本ではポージングの方を重視して実施していることから、どうしても無理なポーズをして痛みを感じてしまう人も多いようです。
自分のペースで実施することが最も重要なことであることから、痛いと感じる場合にはまだ自分がそのペースに追いついていないということであるため、ペースを落としてポージングを行うことが大切です。
インストラクターから指導を受ける際には、痛みを伴わないよう無理をしないようにと言われることが一般的です。
痛いと感じたら無理をせず、自分のできる範囲でヨガを実践することが何よりも大切であります。
身体がほぐれてきたら徐々に難しいポーズを取るということもできるようになるため、焦る必要はないです。

ヨガの概要は健康に最適で元気を持続できること

ヨガの概要は健康に最適で元気を持続できること ヨガの概要として健康によいことが挙げられており、健康維持のために活用している方は少なくありません。
1回のレッスンで体感できるという人が多く、全身がすっきりしたというコメントは多いです。
身体がすっきりすればストレスが解消しますし、何より巡りが活性化されています。
巡りが悪化すると身体が冷えてしまい、新陳代謝を悪化させるというデメリットがあります。
身体を元気にするには体温を36土台に維持することが大切なので、ヨガで全身を温めていきましょう。
基礎代謝がアップすれば脂肪の付着を抑えることが可能なので、脂肪太りに悩んでいる方におすすめします。
脂肪というのは年齢とともに増えていくもので、30代~40代くらいからぜい肉が気になり始めるという方は少なくありません。
ぜい肉を落とすためには部位痩せが必要になりますが、これは普通の運動では難しいです。
ヨガなら全身運動に特化していますので、部位太りに悩んでいる方にも最適です。

Copyright © 2018 ヨガインストラクターへの架け橋 All Rights Reserved.