ヨガインストラクターへの架け橋

ヨガのインストラクターを目指す方への情報サイトです。

このサイトでは、ヨガインストラクターとして働く事を実現するために必要な情報を紹介しています。
特に女性の場合は、美容と健康のために始める人が多いです。
もっともそうやって実践している内に、すっかりハマってしまいインストラクターを目指したいと考える人が珍しくありません。
ですがインストラクターになるには専門知識や技術を得た上でどの様な資格を取得すれば良いのか、分からなかったりします。
その様な際にはこのサイトをチェックすれば、スムーズにインストラクターを目指す事が可能です。

ヨガインストラクターの条件

ヨガインストラクターの条件 ヨガは女性を中心に人気の高いエクササイズであり、実践者の数も増えています。
そのため指導する立場であるインストラクターを目指す人も、年々増加中です。
インストラクターになるための条件として必要なのが、ヨガに対する正しい知識と実践力だったりします。
指導する立場であるので、ウォーミングアップから正しい形でヨガを実践するための専門知識を得る事が働くためには必要です。
しかも自己申告だけでなく、実際に専門知識と実践力がある事を明確に証明しなければなりません。
だからこそインストラクタ-になるには、資格を取得する必要があるのです。
もっとも残念ながら日本にはヨガの国家資格はないので、代わりにメジャーなライセンスの取得を目指す必要があります。
全米ヨガアライアンスの認定資格が特におすすめであり、インストラクターとして働きたいなら是非とも取得すべきです。

ヨガのインストラクター資格を取得するには

ヨガのインストラクター資格を取得するには 健康やダイエットに効果があるとして人気のヨガは、医学的に見ても肺活量と呼吸量が著しく増加することにより、基礎代謝が改善されて体重が減少するという効果が確認されています。
更に、コレステロールと血糖値の低下や、慢性的になりやすい腰痛の改善などの特長があります。
ハードな動きや筋力が必要ではないため老若男女を問わず始められることから、ヨガは社会的にも広く普及するようになりましたが、現時点ではヨガを教えるための国家資格はなく、誰でも教えることができます。
しかし、ヨガで重要なことは「呼吸法」であり、これを習得せずにポーズをとっているだけでは何の効果も得られませんので、さまざまな協会や流派などできちんと学び、それらの団体が発行する資格を取得することが大切です。
取得するために特別な経験は必要なく、団体で用意されたインストラクター養成プログラムを受講することで取得できますが、多くの団体ではポーズの指導が中心となるため、ヨガのルーツを始めとして呼吸法や瞑想法などを指導してくれる団体を選ぶことが必要です。
団体によっては海外でも通用する資格取得ができるところもありますので、インストラクターを目指す際は事前の情報収集が大きなポイントとなります。

ヨガに関する情報リンク

ヨガ 資格

Copyright © 2018 ヨガインストラクターへの架け橋 All Rights Reserved.